カプセル内の気圧を上昇させた状態で(通常は1気圧→1.2~1.3気圧に加圧する)一定時間過ごすことにより、通常の呼吸で得られるよりも多くの酸素を身体に取り込むシステムです。 人体へ取り込む事の出来る酸素には2種類あります。通常の肺呼吸によって取り込まれる酸素は、血液中のヘモグロビン※赤血球と結合して各部位運ばれそこで消費され「結合型酸素」と呼ばれています。
「酸素カプセルで取り込める酸素は、「溶解型酸素」と呼ばれています。血液や体液に溶け込んで体内に取り込まれる酸素で、非常に小さな分子のまま存在する為、 血流などによって結合型酸素では届かない毛細血管やリンパ液にも入ることが出来ます。「結合型酸素」は、普通に呼吸しているだけではなかなか取り込めず、「結合型酸素」に比べ1~2%と微量にしか存在しません。

 

酸素カプセル効果


通常の大気圧は1気圧、酸素濃度は約21%ですが、
普通に呼吸するよりも身体への酸素供給度を上げることにより健康増進を図ります。

呼吸によって取り込まれた酸素は、赤血球中のヘモグロビンと結合して末梢組織まで運ばれるます。しかし、この結合型酸素はヘモグロピンの量より多くは運べず取り込まれる酸素量に限りがあります。 また毛細血管は結合型酸素より細いので血管の汚れなどの体内環境要素とあいまって血流が悪くなりがちです。
血液や体液に分子のまま溶け込んで運ばれる「溶解型酸素」は、毛細血管よりも小さく通りやすいサイズです。
この「溶解型酸素」はサイダーやコーラなどの炭酸飲料のように液体に酸素分子が溶け込んだものなのですが、「液体に溶解する気体の量は気圧に比例して増える」(=ヘンリーの法則)ため、気圧を高めることで血液中に溶解する酸素量を増加させることができます。

酸素吸入だけでは不可能なことで、気圧上昇があってはじめて溶解型酸素を増やすことができるのです。
高気圧カプセルは気圧をあげて溶解型酸素を増やすことで酸素供給度をあげる仕組みといえます。

酸素について

血流改善 ~サラサラ血液

 

酸素は血行を良好にする働きがあります。血液中の酸素が増えると血管の内壁に付着したコレステロールなどの不純物を一緒に流し、血液そのものを浄化し、清浄します。

 

血圧の安定

 

酸素は血圧を調整する中枢神経に好影響を与え、自律神経が安定するため、血管が自律神経の働きにより拡張します。またヘモグロビンの活動を高めるため血圧を安定するには酸素は必要条件の重要な物質となります。

 

疲労回復 ~乳酸の分解~

 

エネルギー源であるグリコーゲンは運動時、乳酸に変化するので、運動中は乳酸の血中濃度が高まり、疲労度が増します。酸素はこの乳酸を炭酸ガスと水に分解して対外へ排出します。

 

脂肪燃焼 ~糖の分解~

 

脂肪を燃焼するには3つの要素が必要です。1つには普段より1度以上高い体温、ビタミンB群そして十分な酸素が必要です。糖の分解にも酸素が関わっています。

 

老廃物の排泄機能の向上

 

体内の酸素量が高まり、隅々の細胞まで酸素が供給できると代謝活動が活発になり、体内ガスや老廃物の排泄を促進します。

 

細胞の再生能力の向上 ~美しい肌~

 

酸素は細胞を活性化させる働きがあります。皮膚細胞に充分な酸素が供給されると、細胞の代謝サイクルを上げ皮膚のバリア成分であるアミノ酸、セラミド、ヒアルロン酸などを分泌し、コラーゲン合成を促進します。